2005年11月18日

中小企業の給与とボーナスの決め方


今日のお話は、人件費削減になるかどうかはわかりませんが
中小企業の従業員の給与、ボーナスの決め方について
私の、思うところを書きます。

最近、大企業では、成果主義賃金の名の下に、
給料体系の見直しが行われていますよね。

これは、中小企業での導入は、可能でしょうか?

私の考えでは、なかなか難しいと思います。

中小企業では、月例給与に関しては、今までの
年功序列的な給与体系を残し、ボーナスだけ
個人評価を、少し加味する、というほうが
現実的ではないでしょうか。?

例えば、ボーナスについて
0.5か月分の月例給+社長の評価給(15万、20万、25万の3段階)
というような、支給の仕方を考えてはいかがでしょう。

但しこの評価項目は、会社のみんなが、納得できる、
目にみてわかるものにしてくださいね。

小さな会社であれば決定する前に、全員で、
話し合って決めるのが理想かもしれません。
【関連する記事】
posted by 野村大作 at 17:53| 人件費の削減 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。